商社マンとお付き合いできたら、高級レストランに連れて行ってもらったり、高価なプレゼントを貰えたりで幸せな思いがたくさんできそうですよね。なんと言っても商社マンは非常に高収入の男性が多いです。そしてゆくゆくは結婚できたら…と多くの女性が憧れるものです。

でも、商社マンと結婚しても良いことばかりではないことも知っておいた方が良いでしょう。商社マンの男性は非常に多忙の身で、家にいることも少ないですし、「こんなに寂しい思いをするなら結婚するんじゃなかった…」と後悔しても後の祭りです。

では、商社マンと結婚するデメリットとは具体的にどんなことがあるのでしょうか?今回は商社マンと結婚するデメリットについて詳しくまとめてみました。

出張・飲み会で家にいる時間が少ない

商社マンの男性は冒頭でも触れたように、とても多忙の身であることがほとんどです。仕事が忙しく、残業や休日出勤は当たり前、出張も多いでしょうから、長い間家を空けることもたくさんあることが予想されます。

もしかすると、結婚してもなかなか彼が忙しいせいで結婚式があげられなかったり、新婚旅行に行くこともできないかもしれません。夫の仕事の繁忙期と自分の出産が重なれば、さらには出産にも立ち会ってくれることもなくなってしまう場合もあります。女性としてはとても寂しいですよね。

商社マンと結婚しても、妻が不安になりがちなのは、やはりこうして家に放置されてしまうことが多いからです。収入が高いことを含めた、夫のスペックの高さだけで満足できるなら商社マンと結婚してもメリットはたくさんですが、寂しがりな女性は苦労するところも多いでしょう。

育児・家事など、家の手伝いは期待できない

当然ながら商社マンの男性は、結婚しても家事や育児の手伝いはほとんどできないことが多いです。仕事が忙しいため、帰ってきたらすぐに寝てしまう人がほとんどだからですね。家事をするなら休みたいというのが本音でしょう。

そのため、夫婦助け合って家庭を守っていきたいという気持ちが強い女性は、もしかすると家のことを何もやってくれない商社マンの夫に対して、ストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。「自分ばかりが…」と感じ、夫と衝突してしまうことも多々あるでしょう。

商社マンの男性と結婚するなら、家庭のことは私が全部やるくらいに思っておいた方が良いでしょう。夫には仕事を一生懸命頑張ってもらい、育児もほとんど自分だけでやるくらいの姿勢でいる方がうまく付き合っていける可能性があります。

浮気の心配

今あなたが商社マンの男性に興味を持っているように、商社マンの男性は非常にモテるものです。高収入、高学歴、営業などとやっていればトークの面白さなどで、その魅力に惹かれる女性はとても多いでしょう。

商社マンの男性と結婚すると、いつ浮気されてしまうのではないかという不安と、実はいつも付き合っていくことになります。モテるからこそ周りに女性が寄り付きやすいので、飲み会やパーティーなどに夫が出席しているときなどは気が気ではないでしょう。

また、商社マンの男性は浮気性の人、女遊びが激しい人も多いと言います。仕事の付き合いや接待などで、きれいな女性がいるお店にも出入りするでしょう。常に浮気の心配をすることで疑心暗鬼になっていく自分に嫌気が差してしまうこともよくあるはずです。その不安と戦っていく覚悟は決めておいた方が良いでしょう。

家柄や学歴が釣り合わないと、肩身が狭い思いも

商社マンの男性は高学歴で、家柄なども良い人が多いです。結婚を決めてくれても、あまりに自分との格差があると肩身の狭い思いをしてしまう可能性があります。

夫とのみ接しているときはまだ良いでしょう。でも、夫の家族や親戚と交流するときは、自分に劣等感を感じて居づらさや気まずさを感じてしまう人も多いはずです。その夫と釣り合っていないことがストレスになってしまい、結果として夫婦関係を悪化させてしまうことにも繋がりかねないのです。